金昌宏は何者なのか

金昌宏

金昌宏は謎の多い人物です。彼はスタッフにも素性を明かさず、ただ一人でいる事を望んでいます。彼にとって、仕事場こそが安寧の地であり、彼は仕事に人生を捧げています。泊まり込みで仕事をすることもあるそうです。でも、仕事場なら自分のことが認められるため、家にいるより、仕事場にいた方が気楽なんだそうです。

金昌宏は幼い頃、絵の世界に憧れを持っていました。高く伸びるはしご車や、目も眩む高さのビルディング。彼は、幼児期の思い出を今も脳裏に刻み付けています。デザイナーとして、仕事にめげそうになった時は、いつもその時のことを思い出すそうです。彼は、いくつになっても幼児期から抜け出せませんでした。彼の心が弱いからかもしれませんし、学生の頃、彼の意見が誰にも通らなかったからかもしれません。

金昌宏は、手先が器用です。金昌宏のデッサンは、手先が不器用な方も楽に着られるよう、工夫がされています。結果、仕上がる服もかなりデッサンに沿ったものになるそうです。もっとも、デザインは大幅に変更されてしまうそうです。そこが、新人の辛いところだそうです。

金昌宏は、webサイトこそ運営していますが、最近流行のsnsには参加していないそうです。身元が判別することを避けるためであり、単に機械にうといからだとか。結構、アナログな方です。ブランド品には目がありませんが、試作品作りは苦手だそうです。完璧主義者であるため、誰かの力を借りてしまうと、自分の作品で無くなる、とも考えているそうです。

金昌宏の特色は、自分の良さを理解していることです。自分の何が得意で、何が不得意なのか。自己の特徴を客観的に評価する能力をお持ちです。観察眼の素晴らしさに加え、相手の意見を受けいれる度量の広さも、金昌宏の強みです。そうしないと自分が保てない上、相手に騙されるかもしれないから、だそうです。

彼は、あと20年かけて、自分のことを理解しようとされています。現段階では、自分の表層的な部分しか理解していないそうです。彼は過去のトラウマと向き合いながら、少しずつ、自分のことを克服し始めています。毎日働きながら、自分の中身を知ること。大変シンプルですが、彼にとっては大事です。金昌宏は自分の本性をさらけ出すことを極端に嫌います。彼にとって、外界はリスクの高い場所なんだそうです。

金昌宏にとって、デザインは自己表現の方法であり、唯一の突破口でした。彼は仕事を続けることで、自分に対する正当な評価を得ようとされています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エスケイ通信は本社が東京にあり、そのほかにも全国に支店があるため、多くの社員が働いている会社です。取…
  2. 最近ではリノベーションの物件や、デザイナー物件などのスタイリッシュな物件に注目が集まっています。そう…
  3. さいたま市 痩身に関連するエステを行っているameniteは、セルライト除去などを行うマッサージを受…

アーカイブ

ページ上部へ戻る