盗撮疑いの福岡大学助教、松本宇生(たかお)容疑者を不起訴処分

ことし4月、福岡県久留米市の大型商業施設内で女性を盗撮した疑いで福岡大学の助教、松本宇生容疑者(31)が逮捕された事件で福岡地方検察庁久留米支部は捜査の結果、6月2日、同容疑者を不起訴処分としていました。松本容疑者は当初、女子中学生のスカート内を盗撮したとして福岡県迷惑行為防止条例違反の疑いで逮捕、送検されていました。なお、ネットや報道の情報によれば、被害者との示談は行っておらず、逆に被害者側から不起訴処分を求める嘆願書が検察へ提出されたということ。

↓↓↓事件直後の報道↓↓↓
 福岡県警久留米署は9日、女子中学生のスカート内にかばんを差し入れて動画を撮影しようとしたとして、県迷惑行為防止防止条例違反の疑いで、福岡大助教授の松本宇生容疑者(31)=福岡市西区=を現行犯逮捕した。逮捕容疑は9日午後2時35分頃、久留米市の大型商業施設内の書店で、中学3年の女子生徒(14)に背後から近づき、手さげかばんをスカート内に差し入れた疑い。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 航空会社にとって安全性と保安は重要ですが、顧客満足度を向上させることは、企業間競争という観点から大変…
  2. 前回の記事2のおさらいを簡単にしておきます。産業革命から起こっている電気使用量の増加に伴い、発電の中…
  3. エス&ケイ(株)は本社が東京にあり、そのほかにも全国に支店があるため、多くの社員が働いている会社です…
ページ上部へ戻る